スタッフブログ

お達者でぇ~

by mariko 2014 年 6 月 27 日

毎週楽しみに観ていた、『続・最後から二番目の恋』も、昨晩で最終回!

 

まるで、自分もナガクラ家にいるような気持で観てたから・・・なんか喪失感(T_T)

 

私の周りのアラフォー、アラフィー女性は80%くらい、その年代の独身女性に関してはほぼ全員観てたから(あくまでも私の身近の人たちだけど)、この3か月は常に、このネタで盛り上がっていた。

 

mpets001sそれなりに頑張ってきた働く独身女性の気持ちの描写とか、すっごくリアルな感じで、一緒になって笑ったり、泣いたり、キュンとした・・・というのが、その私の周り女性の感想。

 

で、男性も結構観てたみたいで、そこは、女性とはちょっと違って、中井喜一演じる優柔不断?でファンキーになりきれない普通のサラリーマンの和平さんに共感していたみたい。

 

どちらにせよ、多くの同性代の男女の心を良い感じで揺さぶってくれたドラマだった。

 

あぁ~、私もこんな恋がしたい!でも、和平さんみたいな普通なイイ男って、結構いないんだよね(苦笑)

大人はみんな問題児でぇ~す

by mariko 2014 年 6 月 6 日

いやぁ~、昨晩の『最後から二番目の恋』も、見せてくれましたっ!!銘台詞も満載!

 

「大人が荒野をさまようと行き倒れる!」とか、「自由は他人を犠牲にするのではなく、自分を犠牲にして得るもの!」とか・・・

 

そして、極めつけは千明と和平のサシ飲みシーン

 

いつもなんだけど、この2人があまりに自然で、セリフなのかアドリブなのか、マジで飲んでるのか・・・

 

この自然な雰囲気に同年代としては、あるある的な共感に、まるでこの場に一緒にいるような気持になる。

 

mariko01ss「いくつになっても4つ下の女の子」って、和平のセリフにキュン!

 

で、「ありがとうございます!せんぱい!」千明のヤンキーチックに照れる姿に、さらにキュン!

 

アラフォー?アラフィー?の働く独身女って、強がりが板につきすぎちゃって周りからはそう見られいるから・・・

女の子扱いされるのに慣れていなくて、急に女の子扱いされると照れちゃうんだよね。

 

そんな姿が、すっごくカワイイんだけど・・・男の目には、そうは映らないってことが多いのが、実に残念!!(苦笑)

歳を重ねてピュアに・・・

by mariko 2014 年 5 月 30 日

昨晩は飲み会だったので、欠かさず見ている『最後から二番目の恋』を録画予約したところ、タイトルが『歳を重ねてピュアになる!』だった。

ドラマの内容とは別に(まだ見てないし)、このタイトルがちょっと気になったので・・・

 

mariko02s私の周りも、歳を重ねると恋愛に対してピュアな人が多くなる。

 

損得とか打算とか、そんなものがそぎ落とされ、自分にとって大切なものが見えてくるからかもしれない、それに、相手を気づかう余裕がでてくるからもしれない。

 

まぁ、若いころ、損得や打算で恋愛して失敗した経験もあるからだろうけど(苦笑)

 

あと、私が思うに、若いころ照れくさくて素直に出来なかったこと、この歳だからできる、というのもあるんじゃないかな。

 

だから、それって中学生ですか?(いやいや、最近の中学生はそんな純じゃないだろう)ってなことをやってるアラフォーカップルが、私の近くにいたりする。(苦笑)

 

だけど、そんなカップルを見て、なぜかすごく羨ましかったりするんだよねぇ~(*^。^*)

続・最後から二番目の恋

by mariko 2014 年 4 月 18 日

昨晩、続・最後から二番目の恋がスタート!期待通り、楽しませてくれた♪

 

エリナのボーイフレンドの母親役の長谷川京子の不思議ちゃんな存在も気になる。

そして、ポストイットの男がいよいよ登場!

前作を見ていた人は私同様、『ヤツかっ!』って思いながら見てたんじゃないかな(笑)

 

まぁ、今後の展開が楽しみな布石をいくつか置いた第1回目だった。

 

 

そして、注目はKyon2のファッション!

 

mariko05s

Keiいわく、「最近、Kyon2のファッションセンスを生かす役を見ていなかったけど、久しぶりにKyon2の本領発揮って感じだね」と・・・

 

まぁ、記憶にも新しい、あまちゃんの天野春子は、ちょっとヤンキーチックな感じだったからね(苦笑)

 

最近、背が高い女優さんが多い中、Kyon2は、150㎝代の、アラフォー、アラフィフでは、まさに等身大のサイズ感。

 

役柄的にもTV業界で、キャリアウーマンなんだけど、いい具合に力の抜けた大人カワイイファッションを着こなす。

このこなれ感がまさにKyon2そのまま。

 

って、これってかなり上級テクニックを有するので、最近、手を抜いていた私にはちょっと難しいかも・・・

ってことで、さっそくKeiに相談!!

ちょうど良い男

by mariko 2014 年 4 月 7 日

最後から二番目の恋・2012年秋(2時間スペシャル)で、もう1つ話題にしたいネタが・・・

 

和平さん(中井喜一)が、作家の向坂緑子(萬田久子)に鎌倉の世界遺産登録の親善大使をお願いしにいき、その見返りに一晩ともにすることを要求され・・・

 

「なぜ、私なのでしょう。」という和平さんの質問に、「あなた、ちょうど良いんですよ。」と答える向坂緑子。

 

向坂緑子は50歳で、10年前に夫を亡くした未亡人という設定。

 

mariko01ssわかるわぁ~、この「ちょうど良い」って意味。

 

相手が若すぎるとこちらがイタい。あまり素敵すぎてこちらが夢中になるのもどうよ。って感じだし。

 

同じ年頃で・・・可もなく不可もなく、そう、一般的に見るとアベレージな印象で、自分にとってちょうど良い男。

 

そんなちょうど良い男を、実は私も見つけてしまったんで、わかるんだよね。
さらに、もう1つ加えるなら、そんな男なら誰でも良いというわけでもなく、何となく相性が良いというか、この人ならって匂いというか、本能が教えてくれるって感じかな。

 

まぁ、この意味は、そうだなぁ~ 40も半ばを過ぎて独り身だとわかると思うけどなぁ~(笑)

 

で、私はこのちょうど良い男に対してどうするかって言うと、『今のところは何もしない』というのが答え。

だけど、まぁ、この男の動向は見守っていくつもり・・・

 

もしかしたら、何か展開があるかもしれないし。(笑)

最後から二番目の・・・

by mariko 2014 年 4 月 4 日

17日より始まる『続・最後から二番目の恋』 今から待ち遠しい♪


Kyon2世代の私としては、等身大というか、セリフ1つとってもめっちゃ共感できて、しかも笑いのツボにガッツリ入るドラマなんだよね~


mariko02s現実的には、ちょっと痛いかな・・・って思う、40代、50代の恋も、こういう風にコミカルに表現してくれると、なんか楽しい気持ちになって、そんなに悪くないかもって思える。

 

現に、40半ばのバツ1で、『いまさら恋愛なんて』ってが口癖の私の友人も、このドラマを見て『今からだって遅くない!何か、勇気が出てきた。』と、言うようになった。


で、続編が放映されることになり、録画してあった2時間スペシャルを見たんだけど・・・

その中に、和平さんが千明のことを『大切にしたい、失いたくない存在』というのがあったんだけど、なんか最近の私のもやもやした思いに目から鱗が落ちる感じ。


欲しいとか奪いたいとかそんな激しい感情ではなく、ただ大切なものを失いたくない思い、そういう『恋』もあるんだなぁ~て。