スタッフブログ

山ウドと豚肉のピーナツ炒め

by Chie 2016 年 5 月 20 日

先日、買った山ウド1本(約130g)と豚肉で炒めものを作ってみましたぁ~

 

仕上げにピーナツバターをからめるのがポイント!

ご飯のおかずや酒の肴に・・・また、水分が少なく濃いめの味なのでお弁当のおかずにおすすめ!

 

【山ウドと豚肉のピーナツ炒め】

yamaudo02【材料】2人分
山ウド・・・1本(約130g)
豚肉・・・100g
ゴマ油・・・大さじ1/2
砂糖・・・小さじ1
みりん・・・大さじ1
しょう油・・・大さじ1
水・・・大さじ1
ピーナツバター(無糖)・・・大さじ1

 

【作り方】
①ウドをよく洗いドロを落として白い部分は皮ごと細切り、葉の部分は黒ずんだところは切落として細く切り、両方酢水に漬けてから水切りする。
②豚肉は細かく切る。
③フライパンにゴマ油を中火にかけて熱し、豚肉とウドを炒める。
④豚肉の色が変ったらピーナツバター以外の調味料を加えて炒め煮する。
⑤仕上げにピーナツバターを加えて全体にからめ、器に盛る。

 

まるっと小鯵の南蛮漬け

by Chie 2013 年 7 月 17 日

最近、大気が不安定なせいか夕立が多いですね~

 

東京は夕べから涼しく、過ごしやすかったですが、こんな日は何となく疲れが出てしまうので要注意です!

 

そんな日は、気持ちも体もシャキッとさせるために、酢の物をいただくことが多いのですが・・・

酢の物はむせるという方に、おすすめなのが、汁まで飲めるマイルドな酢に漬けた小鯵の南蛮漬け!

 

揚げ物はちょっと・・・という方は、ちょっと大き目の鯵の切り身を使って、多めの油で焼いてもOKです。

 

 

【小鯵の南蛮漬け】

e8b186e382a2e382b8e58d97e89baee6bcace38191

小アジ・・・1パック

玉ネギ・・・1個  人参・・・1/2本

生姜(千切り)・・・15g  赤唐辛子・・・1本

小麦粉・・・適量   揚げ油・・・適量

 

◎南蛮酢
酢・・・100㏄  みりん・・・大さじ3  砂糖・・・大さじ2

しょう油・・・大さじ2.5  薄口しょう油・・・大さじ2.5

和風ダシの素・・・小さじ1/2  水・・・200cc

 

 

【作り方】

①玉ねぎはくし形に薄くスライスし、人参は千切りにする。
②フライパンに油(分量外)を少量入れて中火で熱し、玉ネギと人参をしんなりするまで炒め、ボウルなどの大きめの容器に移す。
③鍋に酢以外の南蛮酢の調味料を入れて煮立たせ、酢を加えたらすぐに火を止め、野菜を移したボウルに注ぎ、千切り生姜と赤唐辛子を加えて冷ます。
④アジはエラと内臓をとって流水で洗い、ゼイゴをそぎおとし、ペーパーで水気をふく。
⑤アジに小麦粉をまぶし、160℃の油でじっくり揚げた後、180℃で揚げ、南蛮酢に漬け込み、半日以上置いて味をなじませる。

イワシの蒲焼き

by Chie 2013 年 6 月 14 日

今日の夕食は、大きめのイワシの蒲焼き!脂がのっていて美味しかったです♪

 

e382a4e383afe382b7e892b2e784bce3818d【材料】 2人分

大きめのイワシ・・・2尾

薄力粉・・・適量

サラダ油・・・大さじ1/2

酒・水・・・各大さじ1

しょう油・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

 

 

【作り方】

①イワシは頭と内臓を取り除き、水できれいに洗い、キッチンペーパーでふいてから、手で腹から開いて骨を取り除き、大きい小骨をきれいにとる。
②塩を軽くふって10分ほどおき、水気をペーパーでふきとり、薄力粉を薄くはたく。
③フライパンにサラダ油を熱し、イワシを皮からいれて両面こんがりと焼き、余分な油をペーパーでふき取り、酒と水を合わせたものを入れて蓋をし、サッと蒸す。
④しょう油、砂糖、みりんを合わせて入れ、タレをからめ、皿に盛り付け、粉山椒をふる。

レンジで簡単!草だんご

by Chie 2013 年 5 月 5 日

今日は端午の節句、子供の日です。

 

和菓子屋さんでは柏餅が今日は主役とばかりに思いっきり前面に出てますね(笑)

 

さて、我が家は女系家族なので、子供の時から端午の節句は祝ったことがないのですが・・・

でも、やっぱり季節の行事は大事にしたいですよね~ということで、今日のおやつは草だんごにしました。

 

e88d89e381a0e38293e38194柏の葉を買うまでもなく、餅の形状も食べやすく団子状に・・・

 

まぁ、手抜きと言えば手抜きですが・・・作ることに意味がある!

 

さらに、気分を盛り上げようと、皿はこいのぼり風な青海波で。

 

作り方はこちらを参考に→【レンジでモチモチ草だんご

手作りおやつでお雛様

by Chie 2013 年 2 月 28 日

今日はお雛さまに見立てた桜餅風の和菓子を作ってみました。クレープを焼く感覚で簡単にできます。

 

小豆の缶を小鍋で煮詰めて作った餡に苺をのせて、皮で包めば・・・お雛様の出来上がりです(*^。^*)

 

e99b9be9a485【材料】 4個分

薄力粉・・・50g

白玉粉・・・10g

砂糖・・・大さじ1

水・・・150㏄

苺・・・4個

茹であずき缶・・・1缶

食紅・・・少々

桜の花の塩漬け(あれば)・・・4個

 

 

【作り方】

①ボウルに白玉粉を入れて水を少し加え、よく混ぜます。(白玉粉はダマになりやすいので最初によく混ぜます)

②砂糖と水50㏄を加えてさらに混ぜ、薄力粉をふるいにかけて加えてさっくり混ぜたら、残りの水を加える。

③泡をあまりたてないようにヘラなどでダマにならないように混ぜ合わせたら1時間寝かし、半分に食紅を少々入れて桃色の生地にする。

④小鍋に茹であずきの缶を入れて弱火で水分をとばすように練り、冷ましておく。

⑤桜の花の塩漬けがあれば、水に10分くらい浸して塩抜きしておく。

⑥フライパンに油を少し入れて中火にかけ、余分な油をふき取ったら、いったん火から外して、お玉1杯分の生地をフライパン全体にまわるように流し入れ、弱火にかけて焦がさないように両面焼く。

⑦同様に、皮を白2枚、桃色2枚焼き、周りがパリパリに焼け固くなってしまったらその部分を切落とし、半分に折る。

⑧半分に折った皮の上に餡と苺をのせて、着物のように巻き、桜の塩漬けをのせる。

 

私は、餡に、製菓専門店で買った『桜の葉のパウダー』を少し混ぜて、桜の風味にしました。

お子さんと一緒のひな祭りや、女子会にも受けること間違いなし!

自家製セミドライトマトのマリネ

by Chie 2012 年 9 月 11 日

まだまだ残暑厳しく、日差しが強いです!ベランダで野菜を乾かすにはうってつけなんですけどね(苦笑)

 

この夏、何回目だろう・・・プチトマトをセミドライしてマリネにするのは・・・夏の定番!常備菜です。

 

e38389e383a9e382a4e38388e3839ee38388【材料】

プチトマト・・・1パック(15個位)、 塩・・・小さじ1/4、

ニンニク・・・1片、 乾燥バジル・・・小さじ1/2

EXバージンオリーブ油・・・100cc(目安)

 

※バジル以外に、お好みのハーブを使ってもOKです。

※油の量は保存容器に入れたトマトがかくれる程度で調整して下さい。

 

 

【作り方】
①トマトを半分に切ってザルに広げ、天日で2日位乾かす。

②セミドライになったトマトに塩を振って10分くらい置き、瓶などの保存容器に入れる。

③半分に切ったニンニクとバジルを加え、オリーブ油をトマトがかるれるまで注ぎ、半日~1日味をなじませる。

 

今朝は、これをポールのフルート(細いバゲット)にのせて、いただきました!(*^。^*)

 

トマトの凝縮した旨味がたまらない!!漬けたオイルと一緒にパスタや炒め物にも使えて便利です。

七夕の行事食

by Chie 2012 年 7 月 7 日

今日は七夕でしたが・・・東京は雨!天の川が見れませんでした。(T_T)

 

七夕は五節句の1つですが、簡単に説明すると、

『中国から伝わった牽牛星と織女星の星祭り伝説が元。日本では古来からあった「棚機つ女(たなばたつめ)」の伝説との類似性から七夕の日として定着。女子が裁縫や手芸、書道の上達を願う行事も各地に残る。』

 

七夕の行事として、行事食の素麺を食べて健康を祈ったり、芸技上達、出会い祈願など、笹に短冊をかけて祈ります。

 

e4b883e5a495e3819de38186e38281e38293今日の我が家のランチは、素麺のつゆをジュレ仕立てにして、さっぱりといただきました。

 

レシピは、食育の簡単レシピより、『キラキラ天の川★ジュレそうめん』を参考に!

 

これからの時期にもピッタリのメニューですので、ぜひお試しください。

 

 

朝からにっこり!SMILE(^o^)豆パン

by Chie 2012 年 5 月 10 日

smilemamepan_lBメシコンテンツから・・・豆パンのご紹介!

 

朝からこんなパンを出されたら、思わずにっこり!

 

1日中元気でいられそう!って、私だけかしら(苦笑)

 

黒パンを軽くトーストしてクリームチーズを塗り、きんとき豆をサンドしました。

 

 

ちりめん煮干し@丸半堀江商店

by Chie 2012 年 5 月 1 日

ご近所さんが実家の浜松に帰省し、お土産に買ってきてくれた丸半堀江商店のちりめん煮干し。

 

さっそく、今晩のおかずにいただきましたぁ~\(^o^)/

 

e38281e3818be381b6e381a1e3828ae38281e38293生のメカブを細く切り、さっとゆがいて、だし醤油少量で和えてご飯の上に!

 

そしてその上から、たっぷりちりめん煮干しをのせて・・・

 

口に入れた瞬間、メカブの香りと歯ごたえを感じ、

途中から、ちりめんの弾力のある食感と旨味を感じて、

うぅ~ん!ご飯がすすみます!!

 

豆腐チゲ@第一物産白菜キムチ

by Chie 2012 年 2 月 16 日

tofuchige

今日のランチは第一物産の白菜キムチを使って豆腐チゲ。

一週間前にあけた白菜キムチ。

 

その時もここで書いたけど、ちょっと辛いし、タレが多目なので、何か料理に使えないかと・・・

 

で、このタレをたっぷり入れた豆腐チゲを作ってみました。

 

味付けは鶏ガラスープと、キムチのタレのみで、失敗なく簡単に作れます!

 

tofuchige_ingre

 

【材料】 1人分(2人分でも良いくらいのボリューム)

タレ多めの白菜キムチ・・・100g

豆腐・・・1/2丁(200g)

豆もやし・・・1/2袋(100g)

ニラ・・・1/2束(50g)

豚肉薄切り・・・80g

水・・・400cc

鶏ガラスープの素・・・小さじ1

 

【作り方】

 

①豆もやしは水洗いしてヒゲをとる。ニラは根元を切り落として5cm長さに切る。

  豚肉はひと口大に切る。豆腐は4等分に切る。

 

②鍋に水を入れて沸騰させ、豚肉を入れてアクをとったら、鶏ガラスープの素、もやしを入れて3分煮る。

 

③豆腐とニラを加えて2分くらい、豆腐が温まるまで煮て、キムチをタレごと入れ、ひと煮立ちさせる。